LinuxでSQLServerを動かしてみた

2016年の3月頃発表されたSQLServerのLinuxへのポーティング
あれから1年以上を経て相当こなれてきているようなので、Linux環境でSQLServerを動かしてみた

今回はUbuntu Serverで環境を構築してみる

現時点(2017年7月)でサポートされている環境はInstallation guidance for SQL Server on Linuxによると

Platform Supported version(s)
Red Hat Enterprise Linux 7.3
SUSE Linux Enterprise Server v12 SP2
Ubuntu 16.04
Docker Engine 1.8+

のようなので今回はUbuntu Serverで環境を構築してみた

設定メモ

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -
curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/mssql-server.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mssql-server.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install -y mssql-server
mssql-server (14.0.800.90-2) を設定しています ...

+--------------------------------------------------------------+
'sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf setup' を実行し、
Microsoft SQL Server のセットアップを完了してください
+--------------------------------------------------------------+
sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf setup
この製品のライセンス条項は、
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=746388
からダウンロードできるほか、/usr/share/doc/mssql-server/LICENSE.TXT にも記載されています。

ライセンス条項に同意しますか? [Yes/No]:Yes

SQL Server のエディションを選択します:
  1) Evaluation (無料、製品使用権なし、期限 180 日間)
  2) Developer (無料、製品使用権なし)
  3) Express (無料)
  4) Web (有料)
  5) Standard (有料)
  6) Enterprise (有料)
  7) 小売販売チャネルを介してライセンスを購入し、入力するプロダクト キーを持っています。

エディションの詳細については、以下を参照してください
https://www.microsoft.com/en-us/sql-server/sql-server-2016-editions

このソフトウェアの有料エディションを使用するには、個別のライセンスを以下から取得する必要があります
Microsoft ボリューム ライセンス プログラム。
有料エディションを選択することは、
このソフトウェアをインストールおよび実行するための適切な数のライセンスがあることを確認していることになります。

エディションを入力してください(1-7): 3

SQL Server の言語の選択:
(1) English
(2) Deutsch
(3) Español
(4) Français
(5) Italiano
(6) 日本語
(7) 한국어
(8) Português
(9) Русский
(10) 中文 – 简体
(11) 中文 (繁体)
オプション 1-11 を入力: 6
SQL Server システム管理者パスワードを入力してください:
SQL Server システム管理者パスワードを確認入力してください:
Configuring SQL Server...

This is an evaluation version.  There are [167] days left in the evaluation period.
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mssql-server.service to /lib/systemd/system/mssql-server.service.
セットアップは正常に完了しました。SQL Server を起動しています。
systemctl status mssql-server
● mssql-server.service - Microsoft SQL Server Database Engine
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/mssql-server.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since 水 2017-07-26 04:32:57 JST; 1min 4s ago
     Docs: https://docs.microsoft.com/en-us/sql/linux
 Main PID: 3221 (sqlservr)
   CGroup: /system.slice/mssql-server.service
           ├─3221 /opt/mssql/bin/sqlservr
           └─3241 /opt/mssql/bin/sqlservr

 7月 26 04:33:02 ubuntu sqlservr[3221]: [194B blob data]
 7月 26 04:33:02 ubuntu sqlservr[3221]: [193B blob data]
 7月 26 04:33:02 ubuntu sqlservr[3221]: [195B blob data]
 7月 26 04:33:02 ubuntu sqlservr[3221]: [106B blob data]
 7月 26 04:33:02 ubuntu sqlservr[3221]: [103B blob data]
 7月 26 04:33:03 ubuntu sqlservr[3221]: [101B blob data]
 7月 26 04:33:03 ubuntu sqlservr[3221]: [146B blob data]
 7月 26 04:33:03 ubuntu sqlservr[3221]: [154B blob data]
 7月 26 04:33:03 ubuntu sqlservr[3221]: [121B blob data]
 7月 26 04:33:03 ubuntu sqlservr[3221]: [159B blob data]

SQLServer Management Studioから接続してみた

無事インストールが済んだようなのでSQLServer Management Studioから接続してみた
SQLServer Management Studio オペレーティングシステムがNT 6.2(9200)ってことはWindows8 64bitとして見えてるんですね
照合順序もJapanese_CI_ASになっていますね