Visual Studio Codeの環境を設定した

WindowsでもMacOSでもいけるエディタ「Visual Studio Code」の環境設定をした

インストール

公式のページからダウンロードして、インストール

設定をする

そのままでも使えるが、少し設定をした
設定は

  • [Ctrl]+[Shift]+[p]でコマンドパレットを開く
  • 「Open User Settings」を実行する
  • 「User Settings」を変更する

で行う(Windows、MacOS共通)

フォントを変更する

最近Fira Codeがお気に入りなのでそれを使う
Visual Studio Codeもリガチャにも対応していていい感じ

// FiraCodeに含まれない文字はMeiryoUIを使う
"editor.fontFamily": "'Fira Code','Meiryo UI'",
"editor.fontLigatures": true,
"editor.fontSize": 16

ウィンドウの幅で折り返して欲しい

// ビューポート折り返し
"editor.wordWrap": "on"

右端に表示されるMiniMapは邪魔

// MiniMapは邪魔
"editor.minimap.enabled": false

Markdownの場合は空白トリミングを無効にする

最近よくMarkdownを書くんですけど、行末のスペースが削られてしまって具合が悪い

// Markdownの場合は空白トリミングを無効にする
"[markdown]": {
    "files.trimTrailingWhitespace": false
}

テーマを設定する

なぜかWindowsだと「Default Dark+」、MacOSだと「Quiet Light」が見やすい気がする

// テーマを設定
"workbench.colorTheme":"Default Dark+"

使う

Markdownをプレビューする

[Ctrl]+[Shift]+[v]

sftpをインストールする

ローカルとサーバーでファイルを同期してくれるsftpが便利
「”autoDelete”: true」とするとファイルも消してくれるんだろうけど、さすがにやらかした時の影響が大なので「”autoUpload”: true」のみ
設定は

  • [Ctrl]+[Shift]+[x]で機能拡張を開く
  • 検索窓にsftpを入力する
  • 「liximomo.sftp」をインストールする
  • [Ctrl]+[Shift]+[p]でコマンドパレットを開く
  • 「SFTP:Config」を実行する
  • 「sftp.json」を変更する

で行う

{
    "protocol": "sftp",
    "host": "hugo.local",
    "username": "admin",
    "password": "Password0!",
    "remotePath": "./website/content",
    "uploadOnSave": true,
    "syncMode": "full",
    "watcher": {
        "files": "**/*",
        "autoUpload": true,
        "autoDelete": false
    },
    "ignore": [
        ".vscode",
        ".git",
        ".DS_Store"
    ]
}